クレカ現金化と業者の関係を考える

予想外の出費が重なってお金がない、という事態は誰にでもあり得るものですよね。ですが、ちょっとした不足なので消費者金融でお金を借りたくない、という方も多いはず。そもそもそれ以前に、総量規制によって消費者金融などではお金を借りにくくなっている現在、クレジットカードのショッピング枠を現金に換えられたらなあ、と思う方は多いのではないでしょうか。
さてクレジットカードのキャッシング枠ではキャッシング、つまり現金を借りることができるわけですが、ショッピング枠は現金に換えることができない枠なのは皆さんご存知ですよね。ただし、買いたいものがあればお金でモノを買うことができるのと同様、買いたいという人がいればモノとお金を交換することができるのも経済の大原則ですね。だったら、クレジットカードでモノを買って、それを誰かに売ればいいのではないか、と、考える人も多いでしょう。

実際のところ、ショッピング枠の現金化とはそういうことです。ただし今のこの情報化された、流通経路のしっかりした現代において、買ったものが他の人に買値以上の値段で売れる可能性というのは限りなく低いです。ですがせめて、買値に近い値段で売りたい、つまりはより多くの現金を手にしたい、と思うのが普通ですね。そこで出てくるのが現金化業者です。この現金化業者とクレカ現金化について、詳しく見ていってみましょう。

業者を通さなければ金額的な効率がいいのではないでしょうか

実際のところ、それができるなら概ねその通りと言えるでしょう。昔は特に、換金率の高い金券類を普通にクレジットカードで買うことができましたし、それをチケット売り場などに持っていけば普通に買ってもらえました。ショッピング枠を現金化しますなどの張り紙や看板もありましたが、少なくともそういった業者があまりもうかっていないような雰囲気があったのも事実ですね。そんな風に自分で何とでもできたのがひと昔前です。

何故今はできないのでしょうか

できないことはありませんが、クレジットカードで金券類を購入することが基本的に不可能に近くなりました。クオカードなどは大体の販売店では現金でしか売ってくれません。また最近では購入時に「現金に戻すことはできません」と一言添えられるようになっていますね。
だからって業者を通して大丈夫なのでしょうか
そんな不安を持つ人が多いですね。では詳しく考えてみることにしましょう。

新着情報

◆2016/07/05
クレカ現金化と業者の関係を考えるの情報を更新しました。
◆2016/02/15
さらなる悪徳業者の見分けポイントを考えるを新規投稿しました。
◆2016/02/15
悪徳業者の被害と悪徳業者の見分け方を考えるを新規投稿しました。
◆2016/02/15
悪徳業者だった場合の被害を考えるを新規投稿しました。
◆2016/02/15
換金率の目安はどのくらいかを考えるを新規投稿しました。