現金化の安全性はいかに

そもそもクレカ現金化の業者とは、どういう仕組みで動いているのでしょうか。個人ではできなくなったことが、なぜ業者には可能なのでしょうか。そこに違法性はないのでしょうか。

業者は具体的にはどういう仕組みで動いているのでしょう

クレカ現金化の業者は、消費者のクレジットカードでの購入(決済)と、その品物の販売を行います。ですので、クレジットカード会社から目をつけられやすいような品物の購入の場合は、品名を曖昧なものにして目をつけにくくさせるようなこともできるようです。

そこに違法性はないのでしょうか

現時点では違法とされてはいません。ただし、グレーゾーンではあるようです。まず一つ大きなポイントとしては、日本クレジット協会が「クレジットカードの現金化は認めない」という声明を発表していることがあります。
 ただし現状では実体が見抜きにくく、直接規制されている法律がありません。少なくとも現金化しようと思って品物を購入する消費者が逮捕されることはあり得ません。法律で規制しようとする動きもありますが、違法にならないよう、予め、さらに巧妙な手段にどんどん現金化の形態も変わってきていますね。

では安心していいのでしょうか
クレジットカード会社に目をつけられるとクレジットカードが止まるという問題はあります。優良な現金化業者ならそのあたりも抜かりないでしょうが、悪徳業者の場合は、さらに加えていろいろな問題が発生します。