換金率の目安はどのくらいかを考える

業者を通さず自分でやれば、結果として高い換金率になるだろうと考える人は多いですね。特に業者を通さなくても現金化は可能ですが、意外と、手にする金額が違わなかったりすることもあるので、ちょっと知っておきたいことをまとめておきましょう。

そもそも業者を通した場合の換金率の相場ってどのくらいなのでしょう

大体実際の換金率は、75~80パーセントだと頭に入れておくといいでしょう。換金率98パーセントなどとうたっている場合もありますが、それは例えばショッピング枠が500万円あり、それを一気に現金化する場合、のような、ある一定の特殊な条件を満たす場合に限ります。80パーセントを超えると換金率が高い、と考えるといいのではないでしょうか。

自分で換金しようとした場合はどのくらいでしょうか

個人では、安定した換金が見込める金券類の購入がまず難しいです。とはいえ、持っているカードの種類によってはある一定の金券は購入できるのですが、大量に何度も購入すると、今度はクレジットカードが止まります。
 次に換金率が高いブランド品ですが、こちらは市場人気や買い取りってくれるお店の在庫がどのくらいだぶついているかなど、状況を素人が完全に把握するのは大変ですよね。目安としては、80パーセントの現金化で、大成功と言えるでしょう。
つまり
個人で現金化する最大値と、優良店で現金化する場合の安定相場が同じくらい、ということになります。