悪徳業者の被害と悪徳業者の見分け方を考える

さらに、悪徳業者による被害はまだいくらか考えられます。それによって受けるダメージはさらに大きいものになりますので、注意が必要ですね。

キャンセル料を脅し取られる

クレカ現金化業者の中には、実態は闇金融の業者も混じっているようです。たとえば、話をしているうちに、換金率が低いなどの理由で、やはり現金化をやめようという気持ちになって断ったところ、急に態度を豹変させる業者などもあるようです。
○もう申し込みしているからキャンセル料を払え
○電話番号は分かっているから取り立てに行く
○すぐに払わないと迷惑料が増す
など、脅迫以外の何物でもありませんが、相手がプロだと怖くなって断りきれない人も多いようです。契約したくなければ毅然とした態度で断りましょう。

個人情報を悪用された

上記のように、実態が闇金融だったりする場合、断ったら断ったで、今度は個人情報が売られるようなことも多々あります。ですので、まずは、ネットなどで優良企業と悪徳企業をある程度目星をつけておいて、現金化の優良企業を探すようにするといいでしょう。
でも実際、どうやって優良業者と悪徳業者を見分ければいいのでしょうか
まずはホームページなどの会社概要を見てみましょう。会社概要がなければ完全に悪徳業者です。あとは、所在地が見やすくはっきり書かれているか、代表者の写真と指名、プロフィールがあるか、電話が固定電話になっているかなどがポイントになります。